誰もが夢にみるマイホーム

家族と一緒に自分たちの為の家を持つことは誰もが一度は夢見たことがあるのではないでしょうか。少し生活も安定してきてマイホームを考え始めた人のために後悔しないマイホームの建て方やその計画の仕方をまとめていきます。新築一戸建てで幸せなマイホーム生活をはじめましょう。

マイホームを建てる手順

積み木

頭金の貯蓄

家を購入するためには頭金を支払う必要があります。初めに多くの頭金を払っておくことで月々のローン支払いが軽くなります。もし今後収入が減ってしまったとしても影響を受けることが少ないので安心です。また、ローンとなると金利が発生し、実際の価格よりも多くのお金を支払わなくてはなりません。ですので、頭金を多めに払うほうが得です。必ずまとまった額を準備しておきましょう。

土地を選ぶ

家は古くなったり、気に入らなくなった場合リフォームが可能ですが土地は変えることが難しいです。なので、立地は細かく見て検討しましょう。見ておくポイントとしては交通の便をはじめ、治安やお子さんの通学、周囲の環境や日当たりです。気になる土地があれば実際に土地を見に行ってみましょう。時間帯を変えて何度か足を運ぶのがおすすめです。

ライフスタイルをイメージする

建築家と作る注文住宅の場合、法律と予算が許せば思い通りの家を作ることが出来ます。ライフスタイルを具体的にイメージしておくと考えやすいですし、ご家庭それぞれのこだわりも出てきます。

ハウスメーカーの展示場に行く

まだイメージが湧きにくい場合はまずはハウスメーカーの展示場に行ってみましょう。大手ハウスメーカーの展示場であれば気軽にいけますし、色々な住宅を見る機会になります。使い勝手の良い間取りの参考にもなります。

オープンハウスに行く

ハウスメーカーよりも個性を出した住宅にしたいとお考えであれば建築士のオープンハウスに行ってみましょう。建築士のこだわりが詰まった住まいをみて刺激を受けられます。また、建築士と直接話せるところもあるので、自分のセンスに合う建築士からマイホームを検討するのもおしゃれですね。

土地の決定・建築士との話し合い開始

色々な土地や家を検討したら、いよいよ土地を決定して建築士との話し合いも開始です。計画から1年かかることもありますので、期間には余裕を持っておきましょう。

迷いどころ!注文住宅と建売住宅を徹底比較

注文住宅

希望通りの間取りになりやすいことや細かなこだわりを反映しやすいのが注文住宅のメリットです。また、将来のリフォームを想定した建て方ができるのも注文住宅のメリットです。

建売住宅

価格が最初から提示されているので、予算オーバーにもなりにくいです。また、仕上がった状態で検討するので日当たりや家具の配置などを目で見られることはメリットです。一方で満足できる間取りを見つけるには難しく、基礎工事がちゃんとされているか確認できないのもデメリットになります。

マイホームはどうやってできる?新築を建てたい!

住宅模型

ホームページでも個性が見える

新築一戸建てを検討するのであれば建築事務所やハウスメーカーのホームページもチェックしておくと検討する際の材料になります。ホームページでは情報がまとめられていて、簡単に比較可能なのでデザインの個性やその会社がどこにこだわっているのかも分かりやすいですよ。

埼玉で注文住宅を建ててもらおう